利便性の高い銀行ローンのキャッシング

銀行ローンと聞くと審査に時間がかかると考える人が多いですが、銀行で提供するキャッシングサービスも種類が豊富になりました。住宅ローンのような高額ではなく、小口感覚で利用できる銀行ローンなら、安心のキャッシング利用ができるでしょう。最も魅力的だと言われるのが、給与所得のない人でも申し込みできるところです。

もちろん、適正な審査を行っているので、審査通過しないと利用できません。しかし、銀行ローンの中では、比較的気楽に申し込めるのがメリットです。申込者によって、利用上限額設定なども異なりますが金利の点でも魅力的なのが銀行ローンだと言えます。なにより、金融機関であることから安心感も違うと注目されています。

専業主婦でも申し込めるのは銀行のキャッシング

消費者金融のキャッシングの利用条件は、20歳以上で本人に定期的な収入があることが条件となっています。

そのため、収入のない専業主婦は夫の年収がどれだけ高くても申し込むことができません。ところが、銀行のキャッシングは専業主婦でも申し込みが可能となっています。

消費者金融のキャッシングには「貸金業法」が適用されます。この貸金業法の中に定められているのが、借り入れ総額を年収の3分の1までとする「総量規制」です。

年収がゼロの人は3分の1もゼロ。そのため、専業主婦は消費者金融のキャッシングを利用できないというわけです。

同じキャッシングでも、銀行のキャッシングには「銀行法」が適用されるため、総量規制の対象外となっています。

中には独自のルールによって収入がない人はキャッシングの申し込み不可としている銀行もありますが、専業主婦がキャッシングを利用したい場合は、まず銀行に絞って検討する必要があります。

自分の希望にピッタリのキャッシングを見つける方法

自分にピッタリと合ったキャッシングサービスを見つけるのは大変なことです。特にキャッシング初心者の方には一体どのサービスに申し込みをすればいいのか迷ってしまうことでしょう。キャッシングを提供している金融機関の数が少なければ比較するのも簡単ですが、キャッシングは大小の金融機関から数えきれないほど提供されています。

一社ごとに金利を調べるだけでも丸一日は潰さなければならないでしょう。このように自分にピッタリと合ったキャッシングサービスを見つけるのは時間のかかる作業になるのですが、その作業を数分で済ませられる方法もあります。その方法というのはネットのキャッシング比較サイトを利用することです。キャッシング比較サイトを利用することで、短時間で自分にピッタリのキャッシングサービスが判るのです。希望借入額や希望する申し込み方法などを入力すると自動で希望に沿ったキャッシングサービスが画面に表示されるのです。

ネットのキャッシング比較サイト無料で誰でも利用することができます。とても簡単に自分の希望にピッタリのキャッシングが判るのでとても便利です。これからキャッシングの利用を考えている方はいちどキャッシング比較サイトを使って自分に合ったキャッシングはどの金融機関のものか調べてみるといいのではないでしょうか。

専業主婦でも自ら収入を得それを証明出来ればキャッシングの審査をクリア出来る

キャッシングやカードローンでお金を借りたいと思っている人の中でも、その事実がバレる事が怖くどうしても行動に移せない人もいるものです。

その典型的な存在なのが主婦。特に夫の扶養に入っている専業主婦の場合、仮にキャッシングやカードローンでお金を借りたいと思っても、手続きの際にどうしても夫の同意を得なければならず、それが嫌でお金を借りられず困ってしまうパターンが多いのです。

他人に決して明かしたく無い自分自身の目的の為にお金を借りたいという場合、夫の同意という段取りを伴わず契約出来れば非常に救われるのですが、その方法を探る際、融資をする際の信用がどこから得られるかを考えれば、意外と簡単に答えが出てくるものです。

金融業者や銀行が融資にGOサインを出すに値する信用は、一言で言ってしまえばずばり、安定した収入。つまり自らの収入の無い専業主婦の場合、収入の源となる夫の同意を得なければならないというのは必然であり、この段取り無しに融資を受けたければ、自ら収入を得、それを証明出来ればOK、という事になります。

専業主婦でもパートやアルバイトで簡単にお金を稼げる時代。キャッシングでの低額の借入れ程度であれば、扶養の範囲内でのパートやアルバイトでもその収入を証明出来れば、審査をクリア出来る可能性はぐんと高くなるのです。

消費者金融を利用するとどのようなメリットがある?

消費者金融は上限金利が18%から20%で設定されているので借り入れする時に加算される利息が多くなってしまいます。それで返済する時に負担が大きくなるので不安を感じてしまう人も多いです。また世間的にもあまりイメージが良くないので利用するのに抵抗がある人も多いです。このように不安な面が目立つ消費者金融ですが、メリットになる点もあります。そこで消費者金融を利用するとメリットになる点を挙げていきましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

銀行カードローンは審査が厳しくて回答されるまで数日かかってしまいます。それで即日融資を受けるのはなかなか難しいので早くお金を借りたい時は不都合になってしまいます。しかし消費者金融は審査が即日回答されるので可決されれば即日融資を受ける事が出来ます。融資スピードが優れているのが消費者金融のメリットになります。

・来店不要でキャッシングをする事が出来る

銀行カードローンは手続きをするのに来店する必要が出てくる場合が多いです。それで自宅周辺に銀行がないと面倒に感じてしまう事も多いです。しかし消費者金融はネットで申し込みをするとWEB完結で手続きが完了するので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。銀行カードローンに比べて利便性が高い点も消費者金融のメリットになります。

北都銀行カードローン 「スピードカードローンNEO」について

北都銀行には「スピードカードローンNEO」というものがあります。

東北地方を中心に展開している地方銀行ですが、WEBからの申し込みによって口座がなくても全国的に対応しているようになっています。

口座を持っていると、自動引き落としという手段が可能ですが、そうでないときにはATMからの入金が必須です。

返済額に関しては、10万円以下で最低2000円からとかなり返済額の最低限額は低めです。 長期で返済を考えているときには便利でしょう。

年率4.5%~14.6%、借入限度額は500万円でありますので、基本的には地方銀行のレベルとしては振るうの借入限度額の金利と利息です。

他にいいところが利用できるのなら、敢えて使う必要なないでしょう。

ATM利用料も108円はかかりますので、この辺りもかなり返済までにお金がかかってしまうところがあるといえます。

結論としては、北都銀行の口座を持っているため、色々と審査条件が緩くなりや酸かったり、返済が楽になりやすいような要件を持っている人が

利用しやすいようなところであります。

それ以外の人が利用するにはあまり向いていないと思われます野で、他のカードローンを利用するようにしましょう。

自動契約機と無人契約機はどう違うの?実は同じ?

大手のキャッシング会社では「自動契約機」、または「無人契約機」という名称の機械を全国に設置して、そこから申込みが行えるようにしています。現在、大手3社と呼ばれるプロミス、アコム、アイフルではそれぞれ数百台にも及ぶこのような機械を設置していますが、その呼び方は「自動契約機」だったり「無人契約機」だったりと、統一されていないことがあります。

しかし、実はこの2つは全く同じで、最近では主に「自動契約機」と呼ばれています。これは、自動販売機のように簡単に利用できるという意味と、”無人”という言葉を使うのは防犯上あまりよろしくないという判断からです。

よって、どちらで呼ばれていても全く同じものだと理解して構いません。ただ、自動契約機とは言っても、機械の向こう側にはオペレーターが常駐しているので、店頭の窓口から申込みを行うのとほとんど一緒だと思ってください。機械の前に座っている様子は全てカメラで見られており、何か質問があるような時は備え付けのインターホンですぐにオペレーターと話せます。

キャッシングの申込みをあまり堂々とは行いたくないと考える人も多いでしょう。特にキャッシング会社の人と面等向かって申込みをするのは遠慮したいという人の為に開発されたのが、この自動契約機なのです。

今ではもっと気軽なネットを使った申込みが多くなっていますが、まるで窓口から申込むように、人と会話をしながら誰でも簡単に申込みが行えるというメリットから、まだまだ自動契約機の出番は続きそうです。

住んでいる場所の周辺に店舗やむじんくんが設置されていない時のアコムの申込方法は?

アコムは全国各地に店舗や無人契約機のむじんくんが設置されていますが、住んでいる場所の周辺に設置されていない事もあります。それで出向くのに時間がかかってしまうのでお金を借りる事が出来るのが遅くなってしまう事があります。そこで住んでいる場所の周辺に店舗やむじんくんが設置されていない時にどのように申し込めばいいのか見ていく事にしましょう。

アコムはネット完結で申し込みをする事が可能になっています。スマホでホームページにアクセスして申し込みから借り入れまでの手続きをすべて出来てしまいます。必要書類もスマホのアプリで提出する事が可能なので住んでいる場所の周辺に店舗やむじんくんが設置されていなくても対応する事が出来ます。また電話や郵送でも申し込みをする事が出来るので検討してみるといいでしょう。